薬味作りの強い味方!おろし器付きがうれしい

 

おろし付きまな板使用例2

ウチの主人は無類の薬味好き。
ネギの小口切りや青じその千切り、おろし生姜、大根おろしなど、一日一食は食卓にのぼります。
大量には要らないので、大きなまな板をわざわざ出すまでもない、そんな時にはこの「おろし付きまな板」が活躍しています。

おろし付きまな板使用例1

薬味を切るとまな板に匂いが付くのも気になるので、薬味専用として使います。小さいので洗うのも楽で、引っ掛け穴も開いているので、乾かしやすいです。

おろし付きまな板使用例3

アイデアものは、まな板の端に小さいおろし器がついているところ。
おろし器はしっかり押さえていないと、力を入れておろした時におろし器が逃げていってしまうことがありますが、これはまな板自体を軽く押さえておくだけでうまく力が入っておろしやすい!また、おろし器にはほんの少しふちがあるので、おろしたものやおろし汁がこぼれない工夫もなかなかにくいです。

ただし、大根おろしや長芋はNGです。わさび、生姜くらいの少量のものしかおろせません。
そうめんの日には、ネギ・青じそを切って、生姜をおろせば、薬味の準備はこのまな板で完了。
中華料理の日には、ニンニクのみじん切りも薬味専用まな板なので他の食材に匂いがつくこともありません。
まな板がしなやかで薄いので、みじん切りにしたニンニクや生姜を、そのままフライパンに入れることもできます。

薄いプラスチック製なので包丁キズがつきやすいこと、包丁当たりがあまり良くないことが難点でしょうか。100円という値段なので長く使えないことは覚悟の上で、定期的に新しく買い換えることも視野にいれてお使いになることをオススメします。
私はリピートしたいと思います。

 

レビュアー:ががかあちゃん

購入店舗:ダイソー

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ