毎日の米とぎを少~し楽にしませんか?このボウルで

フレスコ米とぎ調理ボウル使用例1

日本人の米離れが言われて久しい今日この頃ですが、やっぱりお腹が満たされたぁと感じるのはお米です。
家でご飯を炊くにはまず米とぎは避けて通れません。毎回のことのだからこそ少しでも手早く終わらせたいもの。

そこで、この「フレスコ米とぎ調理ボウル」が重宝します。
なにを、隠そう我が家の米とぎボウル、なんと 3代目!もうこれなしでは、炊事はできないんじゃないかと思うくらいの超必需品です。
お米をといで、さあ水を捨てましょうという時に米粒を流さないように、慎重に神経を使います。特にいそいでいる時に限って、パラパラとやっちゃって「キーッ(怒)」と、なります。

米とぎボウルは、縁の 1ヶ所が網状になった注ぎ口になっています。ボウルを傾けると、米粒はこぼれることがなく、サッと研ぎ汁だけを網状注ぎ口から捨てることができるというわけ。
炊飯器の内釜で米をとぐのは、内側のフッ素加工などに傷をつけてしまうので避けたほうが良いそうです。米とぎ用のボウルならこれがオススメです。

フレスコ米とぎ調理ボウル使用例2

個人的にはシンクの洗い桶では何と無く抵抗があるので(台拭きなども洗うし …)サラダ用の野菜洗いには、このボウルを使います。水が注ぎ口から適度に流れ出るので、きれいに洗えているようです。
他にも、茹でたほうれん草の色どめとアク抜きに、きんぴら用のごぼうのささがきやレンコンの薄切りのアク抜きのために水にさらすのにも重宝します。

フレスコ米とぎ調理ボウル使用例3

大きさは2 リットルなので大き目。 5合くらいまでは余裕で米とぎができそうです。
そうそう、子どもに米とぎのお手伝いをさせる時には、こぼされないので、イライラせずにすみますよ。

 

レビュアー:ががかあちゃん

購入店舗:ダイソー

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ