レンジでチンで手軽においしいとろーり半熟たまごを

半熟たまごボール使用例1

ゆでたまごは半熟派のウチの家族ですが、ゆでたまごにはお湯を沸かすのに時間がかかるし、当然ガス代もかかります。
まして、1個だけ食べたい時なんて、3個以上でお願いしたいとお断りです。

けれど、そんなささやかな庶民の願いを叶えてれるアイデアグッズを見つけました!「半熟たまごボール」です。
卵1つ分がピッタリ入る湯のみサイズのボウルです。ボウルを半分だけ覆う網状のフタが付いています。

ボウルに卵を割り入れて、爆発しないように爪楊枝で卵黄に数カ所穴を開けます。
卵が浸るくらいの水を注いで、フタを閉めてあとは電子レンジでたったの50秒で半熟たまごの出来上がり!

実はここまでだったら、ネットで「半熟たまご」と検索をかけると同様の作り方でレシピがたくさんヒットします。

が、最後はどれもお湯を捨てますとなっていて、その湯切りが案外熱くてせっかく出来た半熟たまごが無残に流しにツルリとなりそうで難関かと…。

 

半熟たまごボール使用例2

そこで、この「半熟たまごボール」の網状のフタが力を発揮します、ちゃんと湯切りができる、これはなかなかのアイデアですよ。
あとは、市販の麺つゆをかければ、とろーりおいしい半熟たまご、こんなに簡単でいいの?って感じです。

コツとしては、注ぐ水の量が少ないと固くなり過ぎます。たまごがギリギリ浸るくらいの量50ccくらいを注ぐと良さそうです。
また、電子レンジの時間を調整すれば、お好みの固さに作ることもできそうですね。

思い立ったらパッと作れて、時間も光熱費も節約。これで、一人飯でも温玉うどんが心おきなく食べられます!レパートリーがこっそり増えますね。

半熟たまごボール使用例3

 

レビュアー:ががかあちゃん

購入店舗:ダイソー

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ