お茶の葉をブロックして一人分のお茶でも美味しく入れる

貼るだけ万能茶こし使用例1

一人分の緑茶をおいしく入れようと張り切って、急須付属の茶こしにお茶の葉を入れて一人分の湯を注ぎました。

が、残念、湯が少なすぎてお茶っぱが湯に完全に浸らず、薄いお茶を飲むことがしばしば。

茶こしがもっと深ければ、市販の茶こしはどうも浅すぎると思っていたところ、この「貼るだけ万能茶こし(中)」をみつけました。
要するに、急須の注ぎ口に網をつけちゃえという発想です。

ポロプロピレンの小判形の枠に、ポリエチレンの網が貼ってあります。枠の片側に両面テープが付いているので、直接急須の内側の注ぎ口に貼り付けます。本当は 1時間待ってから使うようにと注意書きがありましたが、待ちきれずにお茶をいれました。急須に直接お茶っぱを入れて湯を注ぐと、当然、お茶っぱはしっかり湯に浸っていい感じに葉が開いています。

貼るだけ万能茶こし使用例2

湯のみに注ぐと網の目は細かいので、お茶の葉が出てくることもなく、おいしいお茶をいれることができました。

また、プラスチック系の嫌な匂いや味はまったくありません。急須の中では、お茶の葉が茶こし部分でしっかりブロックされています。熱湯をいれたにもかかわらず、茶こしは剥がれることもなくくっついています。 2煎目、3 煎目まで挑戦しましたが、ビクともしませんでした。

貼るだけ万能茶こし使用例3

その後は、お茶っぱを捨てて洗いましたが大丈夫、かなりの粘着力でした。お茶を入れるものですから、いずれ茶渋がついてくることが考えられますし、普段もなるべく丁寧に急須と茶こし部分を洗って乾かし、清潔に使うことを心がける必要はありますね。

一人分のお茶を美味しく入れるアイテムとしては使えると思います。

 

レビュアー:ががかあちゃん

購入店舗:ダイソー

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ